MENU

えんぴつタッチの菊柄ジャガード|登美

えんぴつ描きのタッチを再現

登美のものづくりのテーマのひとつ「菊柄」。今回はえんぴつ描きで挑戦しました。
筆で描く水彩や墨汁とは違い、硬いタッチの鉛筆の線。
その線の勢いや太さを調整して、かすれや強弱をつけました。

えんぴつの力加減や勢いも様々

細かな線を埋めて「花びら一枚一枚」を表現

手描きの図案はパソコンに取り込んでシュミレーション

風通菊柄ジャガード(2019年)

風通(ふうつう)ジャガードという、生地が二重構造になる織機で織り上げました。
えんぴつの線の強弱や太さも、忠実に再現。かすれや味わいのある柄になりました。

登美のものづくりの他の記事