MENU

じゃがいもから作った吉祥文様|登美のものづくり

縁起がいいとされる吉祥文様

雪輪の文様は「豊作」を意味する縁起のよい吉祥文様のひとつです。

古くから伝わる雪輪文様をジャガード織で表現しました。
それもインディゴ染めを使ったデニム素材でカジュアルに。
現代の装いに、そっと吉祥文様を忍ばせてみました。


じゃがいも から作った「いも版」の柄

じゃがいもを半分に切って、六角形からなる雪輪の柄を彫りだしていきます

六角形には魔除けの意味あいもあったり、亀甲柄など縁起のよい図案が多いそう

角には丸みを持たせて、やさしい雰囲気になるように・・・

試し押しをしながら何度も彫り直します

墨の濃度も調整して、いろいろなかすれ具合を試します

手づくりだからこそ、ちょっといびつな雪輪模様になりました

薄手のデニムです。軽く大変柔らかで着心地のよい風合いです。


雪輪デニム( 2019年 登美 )

ジャケット五茄(うこぎ)
デニムまるバッグ


おすすめ記事

登美のものづくりの他の記事