MENU

群言堂米2016|もち米が出穂

本日の田んぼ。右奥のもち米エリアだけがほんのりと黄金色に色づいています。

こんにちは。群言堂広報課の三浦です。

お盆休みはゆっくり過ごされましたか?三浦は実家のある名古屋に帰省しておりました。

さて、昨日・今日とわずかながら数週間ぶりの雨が降った大森ですが、お盆休みが明けて久々に出社すると、早くももち米の穂が出始めていました!

稲穂から突き出している白いものがめしべ

普通のお米の田んぼはまだ青々としていますが、もち米の田んぼだけはほんのりと黄金色をしています。近づくと稲穂から花のめしべがところどころに出ているのがわかりました。

今の状態のお米を見てみようと試しに一粒手に取ってみると、中身は空っぽ。これから少しずつ中身ができていくのですね。

うまく実れば、今年もスタッフ皆で餅つきをしておいしいお餅がいただけることでしょう。楽しみです。



追記 ”出穂”という字を「しゅつぼ」と打ち込んだら変換できず、調べてみたら「しゅっすい」と読むのだと初めて知りました。今年三十路を迎えた三浦ですが、まだまだ知らないことばかり。日々勉強でございます。



inkan_miura.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像
書き手:広報課 三浦

群言堂米の他の記事