MENU

お知らせ・イベント情報

群言堂 石見銀山本店|マサエおばあさんの手編みくつ下展

マサエおばあさんの手編みくつ下展

着古したセーターをほどいて毛糸玉にする。細い糸は何本もあわせる。

マサエおばあさんの晩年の日課は毛糸で靴下を編むことでした。

子供や孫、近所に人にプレゼントしてもまだタンスいっぱいになるほど、
毎日毎日編んでいました。
目が悪くよく見えないので編目の数もそろっておらず
毛糸もとぎれとぎれのものを使っているので、
1つとして同じものがないとても愛らしい靴下でした。

マサエおばあさんが88歳の時、自宅のギャラリー(農機具小屋を改装したもの)で八十八足展を行い
沢山の方にお越しいただきました。

あれから5年。マサエおばあさんの娘である育子おばさんが靴下編みを受け継ぎ、日課になっています。

今回群言堂石見銀山本店で手編み靴下を展示販売することとなり
育子おばさんをはじめ、親戚たちでおばあさんの靴下を編むことになりました。
それぞれ、孫の出産、旦那さんの介護、ケガなど、いろいろある中でゆっくりゆっくり編んでいます。

日々の暮らし。
それぞれいろいろあるけれど、使われなくなった毛糸をまた誰かの足下を暖める靴下にしていく、
その手仕事はとても豊かな時間を与えてくれます。

「蛙トープ」運営・和子:マサエおばあさんの長男の嫁 咲季:マサエおばあさんの孫

会期:11月3日(土)~12月9日(日) ※毎週水曜定休
営業時間:10:00~18:00 
会場:群言堂 石見銀山本店1F

足元も心も温まるストーリーを持つ、あなただけの靴下を選びにぜひお越しください。

12/1(土)はマサエおばあさんのお孫さん 飯塚咲季さんによるダーニングワークショップを開催いたします。

会期中に、余り毛糸を募集しています。

色や素材は何でも構いません。集まった毛糸は飯塚さんにお渡しして手編みくつ下の材料とさせていただきます。ご自宅に眠っている毛糸がございましたら、群言堂 石見銀山本店にお譲りください。
12/9(日)まで

「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
Line
Instagram
群言堂 Facebook Page
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!
オンラインストア・ポイントについて
買い物・読み物店舗情報