MENU

お知らせ・イベント情報

望月真理 カンタ展|サテライトショップ群言堂 山形

インドの刺し子カンタ刺繍。
望月真理さんの作品と現地で集めた貴重なコレクションを展示いたします。
※石見銀山本店で今年3月に大きな反響を頂いた展示の巡回展です。

望月真理さんとカンタについて詳しくはこちら

日時:6月30日(土)~7月8日(日) 10時~17時

会場:サテライトショップ群言堂山形店

お問い合わせ先:Tel 023-665-5426


カンタ刺繍ワークショップ
※おかげさまで満員となりました。

カンタ刺繍作家の望月真理さんによる心と身体でカンタを体感できる貴重なワークショップです。
日時:6月30日(土) 10時~16時(昼食休憩1時間)
参加費:7000円+税 (材料費、昼食費込)持ち物:糸きりハサミ 
お申込先:群言堂仙台タピオ店(~6/14)tel 022-777-8338
サテライトショップ群言堂山形店(6/14~当日) tel 023-665-5426
※お電話または店頭でお申し込みください。


カンタは自由
決まりごとはないから正解もありません

カンタとは着古した布を再利用するインドの刺し子。豊かではない人々が、敷物やおくるみなどに新しく蘇らせて再利用する生活の知恵で、実際に使う為に作られた物のため、即興的な芸術性の高さが限りなく魅力的な刺繍です。

望月さんとカンタとの出会いは1987年インドの博物館。片隅にあった小さな布の刺繍でした。ヨーロッパ刺繍を長年続けていたため、見たことのない刺繍に衝撃を受けます。教えてくれる人もなく本もない。カンタを知るためにインドを訪れること10回以上。手に入れた古いボロボロのカンタを教科書に独学で刺し方を学んでいきました。

カンタは自由。決まりごとはないので、正解もありません。自由に考え好きに刺せます。題材は日常にいくらでもあります。望月さんの刺すカンタは現地のものとは趣が違います。古いカンタを真似るのではなく、望月さん自身の思想をそこに表し、日本のカンタへ進化させています。

望月さんは今年92才になります。以前のように遠出するのは難しくなり、身近な植物が題材になる事が多くなりました。手元が見えづらくなっても楽しく続けられるのは、カンタに決まりごとはないから。カンタは自由だから。

「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
Line
Instagram
群言堂 Facebook Page
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!
オンラインストア・ポイントについて
買い物・読み物店舗情報