MENU

2019夏「楊柳から学ぶ夏の涼」|群言堂本店ディスプレイ

楊柳生地はヨコ糸に強い撚(よ)りをかけて凹凸を出したとても涼しい夏素材。

風にそよぐ柳の葉っぱの重なりをイメージしたそうです。

今のように手元で世界の情報がわかりますが何もなかった時代は

あらゆる自然の中にヒントや答えがありイマジネーションを働かせ

無いものはつくるそんな暮らしが当たり前でした。

どんなに情報があふれていても答えが見つからない今、

もしかしたら自然の中にあるかもしれませんね...

まずはお散歩から…♪


山内 真澄美

==========

■山内真澄美

1966年、大阪に生まれ育つ。

15歳 両親の実家、島根へ U ターン帰郷

18 歳 島根県立邇摩高等学校 商業科卒業後、一般企業に勤める

21 歳 百貨店のウィンドーディスプレイに興味を持ち、花の勉強を始める。その後、神戸、広島で花屋、デコレーターのアシスタントを経て

29 歳 フリーとして独立

日本の古き良きものの中にある新しさを見つけ出し、恵まれた自然環境、日々の生活、出会いや出来事の中から私自身のアンテナに反応したモノやできごとを表現する創作活動をしています。今のこの瞬間を味わえる事に感謝し、モノとモノ、モノと人、 モノと空間、そのカタチや意味を学び、探り、楽しみながら作品に向き合いたいと思っています。

群言堂本店ディスプレイの他の記事