採用情報

石見銀山生活文化研究所のスタッフとその家族。 写真:藤井 保

パタンナーを募集します。【募集終了いたしました】

※現在はパタンナーの募集は終了いたしました。ご検討頂きました皆様ありがとうございました。

これから私たちと一緒にものづくりに向き合って頂けるパタンナーを募集いたします。
まずは私たちの考えるものづくりの在り方に共感してくださる方が前提ですが、
そのうえでこの地での暮らしや仕事に前向きに取り組んで頂ける方は是非ご応募ください。

今回は根々ブランドのパタンナーを募集いたします。
1シーズンに多くのサンプルを制作するので、ご自身でパターンを作成して頂く部分と、
外部のパタンナーに依頼をかけてパターンを制作して頂く場合の両方になります。
※詳しい仕事内容は、募集要項をご覧ください。

また根々ブランドのモノづくりに関しては、ウェブメディア『灯台もと暮らし』さんにて、
根々ブランドデザイナーのインタビュー記事を紹介して頂いています。

根のある暮らしをしながら一緒に歳を重ねよう。ブランド「根々」デザイナー・柳澤里奈|灯台もと暮らし


【募集要項】

職種:パタンナー

勤務地:石見銀山本社(島根県大田市大森町ハ183)

雇用形態:正社員もしくは契約社員

給与:当社規定による。※経験など考慮いたします。

勤務時間:8:45~18:00

福利厚生:賞与年1回~2回※会社業績による/社会保険完備/交通費支給(上限あり)/役職手当あり/昇給あり/社員寮あり

休日:年間休日105日

仕事内容:外注のパターン会社とのやりとりや社内でのパターン作成と修正、サンプル出し、など多岐にわたります。

求める人物像:コミュニケーションとチームワークを大切にして頂ける方、また石見銀山での暮らしを楽しんで頂ける方を募集いたします。

応募資格:私たちの在り方に共感できる方、パターン実務経験がある方。

採用予定人数:1名

募集期間:採用が決まり次第、終了とさせていただきます。

応募方法:まずはお電話にてご連絡を頂いた後、履歴書、職務経歴書、ポートフォリオの送付をお願いいたします。

応募連絡先:石見銀山生活文化研究所 人事課 渡邊宛(0854-89-0135)

応募書類送付先:694-0305 島根県大田市大森町ハ183(株)石見銀山生活文化研究所 人事課 渡邊宛

また当社がどんな会社なのかスタッフが取材を受けた記事もありますので、
よろしければ是非ご覧ください。

・北欧、暮らしの道具店 BRAND NOTE
「暮らし」が豊かになるヒントは島根県にありました。

灯台もと暮らし 企業特集
石見銀山生活文化研究所ってどんな会社?

・日本仕事百貨
今までの求人記事一覧

・石見銀山生活文化研究所HP
三浦編集長 三浦類の職場放浪記

また当社の歴史を会長松場大吉が語り下ろした書籍もあります。
私たちのこれまでのすべてをこの一冊にまとめました。
ご興味のある方は是非ご覧ください。
2冊組書籍『ぐんげんどう』

娘息子世代がいま私たちの想いを継承し、文化を全国に発信。

石見銀山生活文化研究所や店舗で働くスタッフは、地元や近隣の出身者はもちろん、
関西や関東、さらには東北出身の若い世代が集まっています。
皆それぞれ、働くことと暮らすことに迷いを感じながらさまざまな縁でこの地に降り立ち、
私たちとともにこの大森町に居場所をつくっています。

鄙舎前での集合写真(島根県大田市大森町)

「群言堂」の名のとおり、この場所でみんなで考え、
みんなで作り続けます。

石見銀山生活文化研究所の象徴「群言堂」の名の意味は、
「みんなでワイワイ発言しながら、よい流れをつくっていくこと」。
無邪く庵での語らいの中で中国出身の方から教わった言葉です。

松場大吉・登美がはじめた会社であっても、
一人の突出した人物が引っ張るのではなく、みんなで作り上げる。
色々な人から色々なアイデアが生まれることで、
私たちのものづくりは根っこの部分を大切に、

さまざまな形へ育っています。

広報課・三浦が独自の感性で綴る、
石見銀山での日々の暮らし。

田舎暮らしの豊かさを“独断と偏見”を交えながらも素直に綴ったタブロイド新聞「三浦編集長」。
取材・執筆・撮影すべてを一人でつくるこの新聞は、私たちと町、全国のお客様とのコミュニケーションツールとして、石見銀山の空気を届けています。

私たちの“人”を紹介していただきました。

hito_05-thumb-458x101-11488.jpg 14d54de3a4d0eb6b5cb5a17d20c21fc48f63f524.jpg

町の人と一緒に、井戸神社境内の清掃をする松場大吉。(大森町にて)

これは、私たち石見銀山生活文化研究所の企業理念です。
日々の暮らしのためのものづくりをするうえで欠かせない、私たちの美のモノサシ「復古創新」。
日本の里山の美しい生活文化を、そのまま再現するのではなく、時代に合ったものとして生かしきる。
なつかしいけど新しい。ありそうだけど無いよね。
そんなものづくり、ことづくりを、この島根県・石見銀山で見つけたたくさんの宝物と一緒にお届けしていきます。

「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
全国の「群言堂」のご案内!
群言堂 Facebook Page
Instagram
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!