染め替えプロジェクト 2022年秋

※受付終了しました。
店頭:2022年7月26日(火)まで
オンライン:2022年7月24日(日)まで

お気に入りのお洋服を、赤・紺への染め替えを承ります。(お戻しは2022年10月上旬を予定)
受付期間中に店頭へお持ちください。お近くにお店のない方は、オンラインでの申し込みも受け付けております。


・群言堂の衣類に限ります。
・綿、麻を中心とした品に限ります。(ウール、カシミヤなどは縮みが大きいため受け付けておりません。)
・キュプラ素材の裏地が付いた品は裂ける恐れがあるため受け付けておりません。
・お一人様5枚まで受け付けます。
・価格はお洋服の長さで決定いたします。(100cm未満:税込7,150円、100cm以上:税込8,250円)



※染め替え前に必ずお読みください!

「染め替え」は大きな洗濯機のような染め釜に複数の衣類を入れて高温で染め上げます。服地にとって糸の強度に負担のかかる場合があり、以下のような変化が生じる可能性があります。また素材により縮み・型崩れなど起こる場合がありますのでご理解ください。


・縫製糸(ミシン糸)の多くはポリエステル糸を使用しており染まりません。染め後、ミシンステッチが目立ちます。
・厚手の品は縫い合わせ部分が染まりにくい場合があります。
・ウール、カシミヤ等の獣毛類は縮みが生じ風合いを損ねるためお引き受けできません。
・キュプラ素材の裏地が付いた品は裂ける恐れがあるためお引き受けできません。
・シミや色抜けをした衣類は染め上がりにムラができる場合があります。
・ニットやカットソーは型崩れや染ムラが起こる可能性があります。
・シルクは風合いを損ねる可能性があります。
・縫製のほつれ、引っかけキズ、破れがある場合、状態がひどくなることがあります。
・切り替えの多いデザインは綿や麻でも縮み、型崩れが生じることがあります。
・裏地の付いているものは表地と縮率が違うため型崩れが目立つことがあります。
・ブランドネーム、洗濯タグも染まり読めなくなることがあります。
・ファスナーはスライダー部分の破損や変色することがあります。
・染め替え後は色うつりすることがありますのでお洗濯は単独洗いをおすすめします。

染め替えの申し込みはこちら

※受付終了しました。

〈店頭へ持ち込む〉7/26(火)まで
メンバーズカードをお持ちください。

スタッフがお品物の確認と受付作業をいたします。
お時間に余裕をもってご来店ください。

〈オンラインで申し込む〉7/24(日)まで
申し込みフォームを記入して送信のうえ、お品物をお送りください。

〈受付終了〉オンラインでの染め替え申し込みはこちら