MENU

布組でつくる、手作り小物

人気の「布組」に小さいサイズが入荷いたしました!



群言堂のお洋服を作るときに生まれる‟はぎれ”。
最後の最後まで大切に使いたいという想いから布組ができました。
販売をスタートから、たくさんのお客さまにお喜びいただいております。

そんな人気の布組を使って、本社スタッフによる、【布組を手にしたら何を作る?】企画を行ってみました!
見事にそれぞれのカラーが出た作品ができ上がりました。
裁縫レベルも様々です。

ステイホーム感が強まり、家で過ごす時間が増えた方もいらっしゃると思いますので、
“おうちで手しごと”を始めてみてはいかがでしょうか。
お手持ちの裁縫道具があれば作れるものが多いので、ぜひご覧ください!



n e w



20210202_nunogumi_komono_01c.jpg

裁縫は苦手、でも細かい手仕事は好き。いつか裁縫ができるようになりたいと思っていました。
ランチョンマットは最初ブックカバーにしようと作り始めましたが採寸ミスでこのような形になってしまいました。。
ほぼミシンで、細かいところは手縫いで作りました。
ガタガタになったり、ちゃんと縫えてなかったり・・・難しかったですが、一袋にいろんな色柄の布が入っているので、組み合わせを考えながら楽しんで作れました。

20210202_nunogumi_komono_08a.jpg

コースターの中には布の端きれを入れました。
形もバラバラで平らにするのが大変でしたが、最後まで無駄にせず使いきれたのでよかったです!
安定感を出すために、これから刺し子をしようかなと考えています。


20210202_nunogumi_komono_02c.jpg

手縫いでお手玉を作ってみました!
手芸初心者の私にとって、たくさんの布をミシンでパッチワークすることはハードルが高くて、
手縫いでできるものを選びました。
“手仕事がしたいけど、ミシンは使ったことがない”なんて方でも手縫いなら気軽に楽しめると思います。
布組の中身は天然素材ですし、大豆も食べられるものなので、出産祝いのギフトにもいいなと考えながら作りました。

20210202_nunogumi_komono_08a.jpg

味噌づくりであまった大豆をお手玉の中に使いました。
ステイホーム中で、気軽に買い物に行けない状況ですが、おうちにあるものをうまく合わせることで手作りのおもちゃ作りを楽しむことができました◎


20210202_nunogumi_komono_09c.jpg

頭に布を巻くのが好きで、こんなんが欲しい!というイメージはあってもパターンはひけないので、
若い頃から愛用しているデザイナーさんのアイテムから少し形や長さを調節して型を作ってみました。
藍染のハギレセットで作ったら、大好きな登美の藍染のウエアや根々のワークウエアとも相性良くって大活躍です。
接ぎ合わせる大きさを変えたり、色柄バージョンの布組でまた作ろうと思います。

20210202_nunogumi_komono_08a.jpg

布組の中の生地を全て使って大きくはぎ合わせた中から自分の好みのはぎ合わせたところを使いました。
無地の部分は家にあった藍染の生地を使っているのですが、接ぎの大きさを表裏で変えると2パターンで楽しめます。


20210202_nunogumi_komono_03c.jpg

難しく考えず、本のサイズに合わせて生地を縫い合わせただけなのに、想像よりステキに出来上がってびっくり喜んでいます!

20210202_nunogumi_komono_08a.jpg

生地をは接ぎ合わせた時に「これ、ポケットになる!!」と閃き、布を重ね合わせました。
無地のブックカバーも使いやすいと思ったのですが、余ったハギレをちょこちょこっと縫い付けたのもポイントです。


20210202_nunogumi_komono_04c.jpg

以前からルームシューズを作りたいなと思っていたので、今回パターンから作ってみました。
一番大きい布をメインに使ったのですが、セットの中の生地がベーシックカラーだったので、
かかと部分に切り替えを入れて明るい色柄を選び配色を楽しみました。
パッチワーク風にしたり、明るい柄合わせにしたりしてまた作りたいと思います!

20210202_nunogumi_komono_08a.jpg

キルト芯がなかったので、家の長年愛用したタオルを使いました。
お洗濯できるように柔らかく仕上げましたが、そこに厚紙などを入れたらしっかりすると思います。


20210202_nunogumi_komono_05c.jpg

パッチワークも変顔の人形も思いつくままに、いろんな生地を切って、縫って、チクチクするのが楽しかったです。

20210202_nunogumi_komono_08a.jpg

パッチワークの巾着袋は生地のプリントやジャガード柄を活かしながら、それに色を加えて、アレンジしました。
プリントのカラー×ステッチカラーで自分のスキな感じに仕上がりました!
変顔の人形は胸や手の指、顔の表情、髪の毛など細かいディティールで遊びました。


20210202_nunogumi_komono_06c.jpg

ネコ型のドアストッパーを作りました。
ハギレを組み合わせるところから楽しくってワクワクしました!
元々ものづくりが大好きなので、ひとつ出来上がるとエンジンがかかってもうひとつ作りたくなっちゃいますね。。。また時間作って作ろうと思います。

20210202_nunogumi_komono_08a.jpg

パッチワークで一枚の生地を作ってからネコ型のパターンをのせて形作っています。
まずは土台の生地を決めて、その上にバランスを考えながら生地をのせていきます。
その際にプリントやジャガード生地の表裏を両方使ったり、ジャガード生地にはさらに刺繍をして、生地数が多く感じるように仕上げたのがポイントです。
切れ端はフリンジにしながらミシンで接ぎ合わせています。最後にお顔を刺繍して完成です!