MENU

新連載『◯◯さんの根のある暮らし』はじまりました!|◯◯さんの根のある暮らし

“根のある暮らし”を考える

“自分がさずかった場所に根を下ろし、自分らしく生きる。”

群言堂の松場登美が口にする”根のある暮らし”を体現している、
全国各地のみなさんの綴る連載が始まります。

何を思い今いる場所に根を下ろしたのか。
なぜそこで自分らしく生きることができているのか。

それぞれの”根のある暮らし”を覗かせてもらいます。

筆者のみなさま

岸田 万穂 さん
1991年神奈川県生まれ。大学では間伐サークルと旅と長唄に明け暮れる。卒業後岐阜県立森林文化アカデミーに進学し木工を専攻。家具作りを学ぶため宇納正幸氏に師事。丹波篠山市地域おこし協力隊として3年間放置竹林の問題、廃校活用のNPO法人立ち上げに取り組む。現在は木工とNPO法人の理事と二足の草鞋。

第一話 旅の出会いと豊かな暮らし|岸田万穂さんの根のある暮らし

第二話 自身に根を下ろす|岸田万穂さんの根のある暮らし

亀山 貴一 さん
石巻市蛤浜で生まれ育ち、宮城県水産高校の教師となる。震災によって2世帯5人まで減少した蛤浜を再生するため、2012年3月に蛤浜再生プロジェクトを立ち上げる。2013年3月に退職し、cafeはまぐり堂をオープンする。2014年4月に一般社団法人はまのねを立ち上げ、蛤浜の魅力や課題を活かした事業づくりに取り組んでいる。

第一話 石巻・蛤浜で暮らす|亀山貴一さんの根のある暮らし

第二話 浜の暮らしをつなぎたい|亀山貴一さんの根のある暮らし

オザキ マサキ さん
1974年広島県呉市生まれ。滋賀県高島市在住。写真家。「子どもが子どもらしくいれる社会」をテーマに、ドキュメンタリーやポートレートの分野で活動中。写真集に「佐藤初女 森のイスキア ただただ いまを 生きつづける ということ」がある。

第一話 カメラを手にするまで|オザキマサキさんの根のある暮らし

木方 彩乃 さん
1978年埼玉生まれ。多摩美術大学・環境デザイン科卒。在学中から食物を食べる空間「食宇空間(くうくうかん)」の制作をはじめる。2015年より群馬県北軽井沢にある「有限会社きたもっく」に勤務。山間の小さな会社だが、日本一と称されるキャンプ場スウィートグラスを営んでいる。山を起点とした循環型事業を展開。

第一話 36歳からの子連れ転職物語|木方彩乃さんの根のある暮らし