日々のお手入れ

タンスでもクローゼットでも、衣服を守るポイントは「通気性」。
衣服がたくさん呼吸できる環境づくりを心掛けましょう。






ハンガーかけのススメ

衣類の隙間に風の通り道を作りましょう

◾️詰め込むと衣服も息苦しい?

ぎゅうぎゅうに掛けてしまうと、通気性が悪くなりカビやシミの原因になることがあります。太めのハンガーを使うと通気が確保されるうえに、肩にハンガーの跡が残ることも防ぎます。

もし肩に跡が残ってしまったら、スチームアイロンを浮かせてかけるか、霧吹きで湿らした後、形を整えながらドライヤーをかけるのも効果的です




たたみ収納のススメ

◾️通気性が高い衣服は下に。

詰め込みすぎず、少しゆとりを持たせましょう。湿気は下にたまる性質があるため通気性が 高い衣服を下に持ってくると、湿気がたまるのを防ぐことができます。




クリーニング後のススメ

◾️ビニールは必ず外して収納しましょう。

クリーニングの袋には、ドライ溶剤が付着している場合があります。保存用の袋ではないため、通気性の良いカバーに 替えて収納しましょう。




ブラッシングのススメ (布・綿の場合)


◾️生地は見えない汚れがついています。

外出後の衣服には見えにくいホコリなどが付着しており、そのまま長時間放置するとシミや汚れの原因となります。正しいブラッシング方法でお手入れすれば、きれいな状態を保てます。

< ブラッシングの手順 >

1. ハンガーに吊した衣服を、 繊維の目と逆方向に軽くブラッシングすることで、 付着した汚れやホコリを払います。

2. 今度は反対に、繊維の目に沿って払うように ブラッシングします。


oteire_mametishiki.jpgご帰宅後、衣類についたホコリを掃うのに、布団たたきで軽くたたくのも効果的です。



ブラッシングのススメ (ニットの場合)


◾️繊維の毛並みを整えて、次のお出かけの準備を。

ニットのお手入れは、簡単に毛並みを整えられるニット用の毛玉取りブラシがおすすめです。編み目に沿ってやさしくブラッシングするだけで、毛並みを 整えたり、毛玉を取ってくれます。

柔らかいデリケートな素材は、ブラッシングをすると毛足をひっぱってしまうこともあるため、ブラッシングは控え、毛玉を小ばさみで取り除いてください。



oteire_banner_shinsentaku.jpg
 oteire_banner_sentaku.jpg

oteire_banner_senzai.jpg  oteire_banner_hibinooteire.jpg

oteire_banner_seasonoff.jpg