MENU

からだ想いの里茶



201911satocha_01d.jpg
201911satocha_02c.jpg



【赤紫蘇と有機番茶】ご購入はこちら

からだの調子を整える、日々のお茶

赤紫蘇特有の酸味を含んだ冴えた芳香が番茶の香ばしさや
心地よい渋みと溶け合って、飲み口さっぱり。
三度の食事のおともや、食欲がない時、
おなかの疲れが気になるときにもどうぞ。

【赤紫蘇と有機番茶】ご購入はこちら



無花果と生姜と葛

じんわりあたためて すこやかな巡りを

無花果の葉の、甘く芳醇な香りで心をほぐし、
口に含むと生姜のピリッとした刺激が駆け巡って、
次第にからだがぽかぽかに。巡りが気になる女性の味方です。

【無花果と生姜と葛】ご購入はこちら



【黒文字と有機煎茶】ご購入はこちら

爽やかな味わいで 気持ちをリフレッシュ

すがすがしい香りと渋みに、
島根の里山に自生する黒文字の華やぐ香りをブレンドしました。
シャキッとしたい朝の目覚めや、仕事の合間のティーブレイクにぴったり。

【黒文字と有機煎茶】ご購入はこちら



松葉と黒文字

こころほぐれる香りでリラックス

島根に多く自生する黒文字は、
深い森に花の甘さが混じったような芳香が特長。
清涼感あふれる松葉を加え、
張りつめたこころをほぐす森林浴のようなリラックスをどうぞ。

【松葉と黒文字】ご購入はこちら




201911satocha_11b.jpg

新田 理恵

伝統茶{tabel} 主催

北海道から沖縄までリサーチに出掛け、根付いた薬草文化と出会い、薬草茶などの商品を提案する伝統茶{tabel}を2014年より始める。
在来ハーブをテーマにしてローカルの自然に即した生きる知恵を発掘し、おいしさと慈しみ、作り手や風土の魅力を届けている。
2018年に薬草を学ぶことのできる「薬草大学 NORM」を開校。
著書「薬草のちから:野山に眠る、自然の癒し」