MENU

マンガン絣あられ柄|登美

冬を告げる霰(あられ)をモチーフにした水玉柄が、マンガン絣で登場です。
畦道にコロコロ転がる、いびつな氷の粒。
そのひとつひとつ少しずつ違う形を柄にしました。

ブラウス草牡丹(くさぼたん)コン

ブラウス草牡丹(くさぼたん)グレー

ブラウス姫蓮華(ひめれんげ)コン

ブラウス姫蓮華(ひめれんげ)グレー

ジャンスカ木賊(とくさ)コン

ジャンスカ木賊(とくさ)グレー

グレー、コン

群言堂が毎シーズンお届けしている『マンガン絣』。このマンガン絣を作れるたったひとつの工場が新潟県見附(みつけ)市にあります。大正時代に新潟県で開発されたマンガン絣は、熟練者の職人技が必要な技法です。効率化を求める時代の中で次々と消えつつあります。その独特な染色技法は天気の善し悪し、温度の加減により、微妙に違ってくる技法。今では全国にわずか一軒しか残っていません。群言堂はこうした希少な技法を大切に伝えてゆきたいと考え、毎年企画をしております。

お揃いの無地のボトムスでセットになります。

マンガン絣の無地をご用意しました。
同色のボトムスと合わせて、お揃いのセットアップもおすすめです。

マンガン絣あられ柄と同素材です。

「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
Line
Instagram
群言堂 Facebook Page
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!
オンラインストア・ポイントについて
買い物・読み物店舗情報