MENU

なかよし別居のすすめ 定年後をいきいきと過ごす新しい夫婦の暮らし方

夫を気にせず、本当に自分らしく生きる

定年後の「熟年離婚」、ステイホームによる「コロナ離婚」が増えています。
夫婦が毎日顔をつきあわせることでストレスが生じ、
関係が破綻するケースが多いようです。

群言堂の松場登美、松場大吉夫妻が選んだのは、
互いの自由を尊重しつつ助け合って生きる「なかよし別居」。

夫を気にせず、自分の好きなことに一日のすべてを使えるようになった登美さん。
一方、大吉さんは料理や食材の買い出しなど、
登美さんに頼りきりだった家事に新たな楽しみを見いだし、充実した日々に。

やってみたらお互いに「いいことだらけ!」。

夫婦の絆が深まった13年間の町内別居生活を振り返り、
ストレスのたまらない老後の新しい夫婦関係を提案します。

◆「松場登美」のサインを承ります。◆
ご希望の方は、松場登美がサインを致します。
カートボタンにあるサイン記名欄にご希望の宛名をご記入ください。
また松場登美のスケジュールにより、お届けに時間がかかる場合がございます。ご容赦くださいませ。

著者 松場登美
発行 小学館
サイズ 13×1.4×18.8cm
その他 192p

なかよし別居のすすめ 定年後をいきいきと過ごす新しい夫婦の暮らし方

商品番号:77390001

販売価格:1,430円 (本体価格:1,300円)
会員特典 7ポイント 進呈
★サインご希望の方はお名前を入力⇒
数量
「なかよし別居のすすめ」第一章全文公開

その他おすすめの書籍