MENU

パレットドロッププルオーバー|Gungendo Laboratory

左からネイビー、イエロー

新色3色。右上:オレンジ、左下:パープル、右下:イエロー

色違いで欲しくなる、定番のプルオーバー

定番のパレットドロップTシャツの7分袖のデザイン、「パレットドロッププルオーバー」。
新色でイエロー、オレンジ、パープルが加わり、全14色が揃いました!

オールシーズンで着られる着回しのきくアイテムが、新色になって入荷いたしました。
綿100%のオリジナルの生地は程よく厚みがあり、一枚で着やすいのも嬉しいポイント。
首もとはきれいに見せてくれるボートネック、袖はドロップしているので、
ゆったりとした着心地ながら、スッキリとした印象で着られます。

左から、クリーム、モーヴ、ピンク、レンガ、ブルーグレー、グリーン、ネイビー、オイスターホワイト。
カラーは定番の色からポイントになる色まで。
色々なコーディネートで着られるので、色違いで揃えるのもおすすめです。



c o l o r & d e t a i l

new:イエロー

new:オレンジ

new:パープル

モーヴ

ネイビー

ピンク

オイスターホワイト

グリーン モデル身長:163cm

ブルーグレー モデル身長:163cm

レンガ モデル身長:163cm

クリーム モデル身長:163cm

コーラルピンク モデル身長:163cm

new:イエロー

new:オレンジ

new:パープル

モーヴ

ネイビー

ピンク

オイスターホワイト

グリーン モデル身長:163cm

ブルーグレー モデル身長:163cm

レンガ モデル身長:163cm

クリーム モデル身長:163cm

コーラルピンク モデル身長:163cm

グレー モデル身長:163cm

チャコール モデル身長:163cm

モーヴ

モーヴ

グレー モデル身長:163cm

チャコール モデル身長:163cm

モーヴ

モーヴ

生産国 日本
生地産地 和歌山県
素材 綿 100%
洗濯方法 手洗いしていただけます。
サイズ フリー
身丈 65cm
肩巾 59cm
身巾 104cm
裄丈 42cm
裾巾 116cm

パレットドロッププルオーバー|Gungendo Laboratory

商品番号:19190301

販売価格:11,664円 (本体価格:10,800円)
会員特典 54ポイント 進呈
(new)オレンジ /残りわずか 
(new)パープル /残りわずか 
(new)イエロー /残りわずか 
グレー  
ピンク  
グリーン /残りわずか 
ネイビー /在庫切れ  入荷お知らせメール
チャコール  
クリーム /在庫切れ  入荷お知らせメール
レンガ /残りわずか 
オイスターホワイト /残りわずか 
ブルーグレー /残りわずか 
モーヴ /残りわずか 
コーラルピンク  


c o o r d i n a t e

グリーン モデル身長:163cm

ゆとりがあるので、寒い季節にはタートルネックと合わせた重ね着コーディネートもおすすめです。

-item-
パレットドロッププルオーバー グリーン

ブルーグレー モデル身長:163cm

クリーム モデル身長:163cm

-item-
〈左〉
パレットドロッププルオーバー ブルーグレー
リネンパレットフレアパンツ イエロー

〈右〉
パレットドロッププルオーバー クリーム
リネンパレットフレアパンツ パープルグレー

グレー モデル身長:163cm

コーラルピンク モデル身長:163cm

-item-
〈左〉
パレットドロッププルオーバー グレー
パレット毛布起毛アンクルパンツ チャ

〈右〉
パレットドロッププルオーバー コーラルピンク
ヘンプデニムタックパンツ インディゴ

チャコール モデル身長:163cm

レンガ モデル身長:163cm

-item-
〈左〉
パレットドロッププルオーバー チャコール
パレット起毛ギャザーパンツ ボルドー

〈右〉
パレットドロッププルオーバー レンガ
リネンパレットフレアパンツ パープルグレー
リネンブレードエッジアップ|točit アイボリー



t e x t u r e

ピンク

綿100%の生地はGungendo Laboratoryオリジナルの生地。しっかりとして、ドライタッチに編み上げた生地はどの色も里山パレットで染められたもの。全11色の豊富なカラーは色違いで揃えたくなるアイテムです。

パレットドロッププルオーバー|Gungendo Laboratory

商品番号:19190301

販売価格:11,664円 (本体価格:10,800円)
会員特典 54ポイント 進呈
(new)オレンジ /残りわずか 
(new)パープル /残りわずか 
(new)イエロー /残りわずか 
グレー  
ピンク  
グリーン /残りわずか 
ネイビー /在庫切れ  入荷お知らせメール
チャコール  
クリーム /在庫切れ  入荷お知らせメール
レンガ /残りわずか 
オイスターホワイト /残りわずか 
ブルーグレー /残りわずか 
モーヴ /残りわずか 
コーラルピンク  
201808suhadatokurashi_banner_02.jpg

ガーゼテレコクルーネックインナー

ガーゼテレコタートルネックインナー

ガーゼテレコクルーネックインナー / ガーゼテレコタートルネックインナー

オーガニックコットン100%のやわらかい肌触りのやさしいインナーです。
どちらも程よいフィット感なので、重ね着スタイルにおすすめの組み合わせです。


里山パレットとは?

里山に自生している植物の花や茎、葉や実から抽出した色に、自然由来の糊と少量の化学染料を加え、色の強度を補い光や汗で退色す ることを少なくした新しい染め方です。剪定された梅の枝や、木から落ちて出荷できなくなったブルーベリー、拾い集めたどんぐりを「里山から授かった資源」 として活かすことを実践しています。里山パレットでしか味わえない植物の色のゆらぎをお楽しみ下さい。

里山パレットについて詳しくはこちら

オイスターホワイト|杉菜

田んぼのあぜ道や、ヤギのもぐさ小屋付近に自生していて、もぐさも大好きな野草のひとつです。昔から薬草としても利用され、乾燥させたものを煮出してお茶として飲んでも美味しいです。地上に出ている部分を摘んで染料にしています。

グレー|夜叉五倍子

日当たりがよくやや湿った土地を好むヤシャブシ。ヤシャブシの実はタンニン(渋み)という色素を多く持っていて深みのある焦げ茶をしています。冬の間に少しずつ拾い集めた実を染料にしています。

チャコール|野胡桃

ノグルミは秋になると3センチほどのトゲトゲの実をつけます。日当りの良い山の斜面や林道の両側でよく見かけ、籠を持っていくとすぐに一杯になるほど、沢山拾うことが出来ます。

ネイビー|ひさかき

照葉樹の森の中に自生する低木のヒサカキ。サカキより小ぶりで冬になると枝にびっしりと濃紺の実をつけます。青色の色素を持っている貴重な植物で、冬の森に何度も通って一粒ずつ手で採集しています。摘んだ手が青く染まるほど美しい色を持っています。

グリーン|椿

光沢のある濃い緑色の葉を持つツバキ。鉱山として栄えていた時代に”灰吹”という銀を製錬する行程にツバキを使っていた行程ため、大森町付近の山には現在も多数自生しています。枝葉を染料にしています。

ブルーグレー|たらの木

たらの芽の天ぷらなど、山菜として親しまれてきたタラノキ。秋頃に、近くの土手で見つけた背が高く伸びたタラノキの枝には、熟した実が房状になっていました。実の部分のみを採集し、染料にしています。

モーヴ|山桃とブルーベリー

6月頃に赤い実を結ぶヤマモモと果樹園で拾い集めたブルーベリーを一緒に抽出して染料にしています。甘酸っぱいヤマモモの実は果実酒にしたりそのまま齧っても食べられます。ブルーベリーとヤマモモ甘酸っぱい果実同士を合わせて染料にしてみました。

レンガ|羊歯

薄暗い林の中に自生するシダ植物を染料にしています。ゼンマイやウラジロの大きくなった株を根っこごと掘り返して、まるごと染料として使っています。

ピンク|桜

花が咲く前の桜の枝の芯には赤みがあり、丁寧に煮出すと桜の花のような淡い色や幹のような深い焦げ茶色を抽出することができます。桜の木が弱らないように休眠している冬の間に枝を切り、チップ状に細かく砕いて染料にしています。

コーラルピンク|ゆずりはの実と松ぼっくり

里山に自生しているユズリハの実と拾った松ぼっくりを一緒に抽出して染料にしています。ユズリハは寒くなり始めた秋頃に実る黒紫色の実を集め、松ぼっくりは近くの赤松の林で拾い集めたものを使用しています。

クリーム|みずひき

林の中に自生するタデ科のミズヒキを染料にしています。木陰でもよく育ち、細い茎の先に可憐な小さな花を咲かせます。茶室などの近くにも植えられる植物です。花、茎、葉を染料として使っています。

イエロー|どくだみ

六月頃に白い可憐な花を咲かせるドクダミは、野山や空き地などの日陰に群生します。古くから民間療法薬として傷口の消毒や治療のために利用したり、乾燥させた葉をお茶にして飲まれてきた薬草です。主に葉の部分を煮出して染料にしています。

オレンジ|ひのき

日本固有の針葉樹であるヒノキは四月頃に花が咲き、その後 球果をつけます。水に強いのが特徴で舟や桶の材料としても利用されます。深い緑色をしている葉は色を抽出するために煮出すと、とても良い香りがします。

パープル|さかき

古くから神事に用いるという慣わしがあり、神社の境内によく植えられている榊(さかき)は夏に実が成り、十一月〜十二月に黒く色付きます。大森町の神社の境内にある榊の実を集めて染料にしています。