MENU

特集:登美のものづくり

かけらジャガードの 『かけら』って何?|登美のものづくり

2020年 登美がお届けしている「かけらジャガード」のカットソーシリーズ。「かけらって何?」の質問にお答えいたします。

復刻「ロロロ」

大吉会長が復刻を望んだ素材。そこには二十数年にわたる同志、福田織物さんとの絆がありました。

桔梗のちぎり絵|登美のものづくり

ちぎり絵で秋の七草のひとつ桔梗の柄を作りました。

和紙をちぎって作った "わっかジャガード"|登美のものづくり

和紙を慎重に輪っかに切り抜いて作りました。

十字刺子キルト|登美のものづくり

ちくちくお針しごと。下書きもなしにちょっといびつに手を動かしていくと、不揃いなのが丁度いい素朴な柄になりました。

じゃがいもから作った吉祥文様|登美のものづくり

雪輪の柄は「いも版」を彫るところから始まりました。

結霜ガラスを模様に。|登美のものづくり

懐かしい模様入りガラス。同じものがふたつとない偶然から生まれる模様がテキスタイルになりました。

デニムジャガードの機屋さん|登美のものづくり

広島県福山市。デニム産地のすぐ隣町にある「インディゴ染めのジャガードを織れる」機屋さんを訪ねました。

えんぴつタッチの菊柄ジャガード|登美

鉛筆描きの線をやわらかな風合いのジャガード生地で忠実に再現しました。

刺し子の水玉|登美のものづくり

刺し子で作った水玉模様がマンガン絣になりました。

もみじのプロペラ|登美のものづくり

デザインの先生は身近な自然から。群言堂本社のもみじの種がプリントになりました。

木漏れ陽の美しさ|登美のものづくり

偶然見つけた木漏れ陽を写し取りました。

山茶花のスケッチ|登美のものづくり

群言堂本社の山茶花(さざんか)の花がプリント柄になりました。

手描きにこだわる。|登美のものづくり

登美のものづくりで大事にしている手の味わい。小さな丸も手描きでおこします。その柄の元となった原画や画材などご覧いただけます。

ボロの美

「ボロの美」という本に出会った。刺し子のような針目で、チクチクと一針一針不揃いだけど、丁寧に刺した酒袋。掛継ぎだらけの子供の着物。無数の布を継ぎ接ぎした布団。そのボロの中に錦にも優る美しさを見た。