もみほぐし麻無地|登美

〜 近江のもみほぐし麻 〜

麻織物の産地、滋賀県近江の機屋さんの素材です。

麻の糸は乾燥した状態で織ると切れやすく、細い糸を織ることができる機屋さんは限られています。琵琶湖の豊富な水と、湿度に恵まれた近江湖東地区は、麻織物に適した風土なのだそうです。細く繊細な糸を織り上げた「もみほぐし麻」は見た目にも涼やかで、触るとさらりとして心地よく、やさしい風合いが魅力です。
昔は着物地などに手揉みが利用されたそうです。現在は手では揉んでいないそうですが、手間ひまをかけ丹念にもみほぐし風合いを再現しています。蒸し暑い日本の夏を心地よく過ごす工夫が生かされた素材です。

ブラウス蛍袋(ほたるぶくろ)

人気のワイドブラウス蛍蔓(ほたるぶくろ)は、身幅たっぷりで風を通してくれるので夏も心地よく着ていただけます。
キチンとボタンを留めても、羽織って着ても、素材力のある上質リネンで大人のカジュアルを楽しんでいただけます。
透け感が涼やかなので、ロング丈も軽やかな印象です。

ブラウス蛍袋:グリーン

ブラウス蛍袋:オフ

ブラウス蛍袋:イエロー

ブラウス蔓日々草(つるにちにちそう)

衿にあしらったハシゴレースが、涼やかで可憐な印象のプルオーバー。

ブラウス蔓日々草:オフ

ブラウス蔓日々草:グリーン

ブラウス蔓日々草:イエロー

「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
全国の「群言堂」のご案内!
群言堂 Facebook Page
Instagram
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!