マンガン絣更紗柄&無地|登美

たったひとりの職人さんしかできない「マンガン絣」の糸。


マンガン絣は大正4年に新潟県見附町で開発された夏物用の染絣です。織絣と区別がつかないほど精巧なもので、その技法は各地へ広がっていきました。特徴として、糸を縛り染め分けして柄を作る絣織などとは違い、プリント部分に化学反応を起こさせ柄を浮き上がらせて、絣織のように見えるプリントです。プリント部分に化学反応を起こさせるために、何種類かの液体に浸けて酸化力の強いマンガン糸を作るのですが、この糸を作れる職人さんが現在は1人となってしまいました。
群言堂 登美では、その職人さんが作り続けてくださる限り、マンガン絣を企画し続けていきたいと思っています。

ブラウス花水木(はなみずき)

ブラウス姫紫蘇(ひめじそ)

ブラウス酸母(すいば)

パンツ露草(つゆくさ)

パンツ土筆(つくし)

パンツ土筆(つくし)

ブラウス酸母(すいば)

マンガン絣シリーズ

「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
全国の「群言堂」のご案内!
群言堂 Facebook Page
Instagram
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!