お知らせ・イベント情報

サティシュ・クマールさんお話会「アート・オブ・ライフ」|2017年11月8日(水)15:00~

「スモール・スクール」「シューマッハー・カレッジ」の創設などで知られる現代を代表するエコロジー思想家、サティシュ・クマールさんがこの11月に石見銀山にいらっしゃいます!聞き手は文化人類学者の辻信一さん、またオープニングアクトとして山陰を中心に活躍するマイトリーのお二人が演奏をしてくださいます!たくさんの方のご参加をお待ちしています。

==========
今回の来日テーマは“アート・オブ・ライフ - 誰もが特別なアーティスト”。サティシュさんは次のように言っています。「アートというのは単に絵画や彫刻や歌や踊りのことではありません。最高のアートとは「生きるというアート」なのです。・・・皆さん一人ひとりがアーティストです。「生きるアート」の見事な表現者たちです。

美術や音楽やデザインやダンスや文学やヨガや瞑想、さらには料理、ガーデニング、子育てなど、自分の得意なアートを実践してください。話すアート、教えるアート、聞くアート、学ぶアート、食べるアート、歩くアート、眠るアート、子育てのアート、人助けのアート、愛するアートを実践していきましょう。そうすれば皆さんの町はアートに満ちた美しい町になります。

・・・しかし社会は往々にして、一人ひとりを無力で無能な存在として軽視したり、無視したりする。そしてその否定的なイメージを押しつけ、権力をもつものに依存させようとするのです」『サティシュ・クマールのゆっくり問答with 辻信一』(ゆっくり小文庫)より

私たちの誰もが、地球上のあらゆる生命が、美しい世界をつくる特別なアーティストなのです。そのことを思い出し、“危機”という不安や恐怖に囚われない、美しく生きる力を養っていく時間と空間を、多くの皆さんとつくっていきたいと思っております。サティシュさんとともにいる愉しさを噛みしめるだけでなく、みなさんの内にある美しさをサティシュさん、そして縁のあるすべての人々に差し出す場に、ぜひご参加ください。


サティシュ・クマール
現代を代表するエコロジー思想家。「スモール・スクール」と「シューマッハー・カレッジ」の創設者。インド・ラージャスターン州生まれ。9歳でジャイナ教の修行僧になり、18歳の時、ガンディーの非暴力思想に共鳴し還俗。25歳の時、当時4つの核保有国の首都(モスクワ、ロンドン、パリ、ワシントンDC)に核廃絶のメッセージを届ける約13,000キロの平和巡礼を、無一文・徒歩で2年半かけて踏破。1973年より、E.F.シューマッハーの呼びかけに応じてイギリスに定住。環境、経済、科学、文化、アート、スピリチュアリティーの融合を提言する『リサージェンス&エコロジスト』誌の編集主幹となり、現在、名誉編集者。邦訳書に『君あり、故に我あり』(講談社学術文庫)、『もう殺さない―ブッダとテロリスト』(バジリコ社)、『スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方』(徳間書店)、『つながりを取りもどす時代へ―持続可能な社会をめざす環境思想 リサージェンス誌選集』(共著、大月書店)、『GNH―もうひとつの<豊かさ>へ、10人の提案』(共著、大月書店)、がある。DVD『サティシュ・クマールの今、ここにある未来 with 辻信一』(ゆっくり堂)に出演。スローシネマ『アジアの叡智』シリーズの総合アドバイザーを務めている。この5月に『人類はどこへいくのか ほんとうの転換のための三つのS〈土・魂・社会〉』(ぷねうま舎)が発刊された。

=========
11月8日(水)
サティシュ・クマールさんお話会
「アート・オブ・ライフ」@石見銀山・町並み交流センター

時 間:15:00〜16:30(開場14:30)
会 場:旧大森区裁判所(町並み交流センター:大田市大森町イ490)
参加費:【一般】2,000円
    【学生(中・高・大)】1,000円
    【小学生以下】無料
定 員:100名

お申し込み・お問い合わせ:
群言堂石見銀山本店
【TEL】0854-89-0077(受付時間/10:00~18:00 毎週水曜定休)
【e-mail】shop@gungendo.co.jp

「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
全国の「群言堂」のご案内!
群言堂 Facebook Page
Instagram
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!