読み物:バックナンバー

第2話|gungendoコレド室町店スタッフがおすすめする人気アイテム

本社でも勤めた経験もある店舗スタッフ沖が人気のアイテム「ドロップブラウス」をご紹介いたします。

第1話|暮らしに出会えるライフスタイルショップ"gungendo"が3周年を迎えました

今から3年前の春にオープンした新しい発信の場“gungendo”。改めて灯台もと暮らしの編集長伊佐さんに取材していただきました。

*「万能純だし」を使った阿部家の蕪の「柚子山椒」和え*拓さんの阿部家レシピ

全国の店舗とオンラインでお取り扱いしている井上醤油の「万能純だし」。無添加のこのだしを使って阿部家の定番薬味になりそうな美味しい柚子山椒を作りました。アレンジ自在で和食にも洋食にも使えてとっても便利です。

2016年読み物コンテンツ振り返り

群言堂ウェブサイトリニューアルから1年が経ちました!三浦編集長が読み物担当としてこの1年間、どんな投稿があったか振り返ってみました。

梶山正「京都大原で暮らす」|第五話 少しずつカメラマンの仕事を始める

京都・大原に暮らす写真家、梶山正さんによる連載第五弾。一枚の山岳写真をきっかけに本格的に写真家としてのキャリアがスタートしていきます。

梶山正「京都大原で暮らす」|第四話 棲家が落ち着くと、僕は再び山へ登り始めた

京都・大原に暮らす写真家、梶山正さんによる連載第四弾。今回は住まいづくりから少し離れた番外編、ベニシアさんと結婚する以前の秘話が語られます。

わくわくするような日本酒、できました。
米田酒造 杜氏 上濱さん、蔵人 斎藤さんインタビュー

今年で4年目の登場となる群言堂オリジナルの日本酒と梅酒。つくってくださった米田酒造の上濱さんと斎藤さんに、味について、酒造りについて伺いました。

群言堂米2016|餅つき

ついに群言堂米を食す時がやってまいりました。毎年恒例の「根っこの神様」のお祭りです。

梶山正「京都大原で暮らす」|第三話 庭に手をかける

京都・大原に暮らす写真家、梶山正さんによる連載第三弾。家の修理の次は庭づくりが始まります。

『六浦千絵』の場合|三浦類の職場放浪記⑥

西荻窪Re:gendo、大森の群言堂本店を経て現在gungendoコレド室町店店長となった六浦千絵。群言堂で働くまでとこれからについて聞きました。

*季節の野菜ずし*拓さんの阿部家レシピ

新米を美味しくいただける野菜ずしのご紹介です。手がこんで見えるのにとっても簡単!彩りよくお皿に並べれば、お客様のおもてなしにも喜んでいただけます。

『吉田菜純』の場合|三浦類の職場放浪記⑤

現在東京事務所で営業スタッフとして頑張る大森出身者のなっちゃん、高尾Ichigendo店長をしていた時代の記事です!

梶山正「京都大原で暮らす」|第二話 古民家暮らしが始まった

京都・大原に暮らす写真家、梶山正さんによる連載第二弾。古民家に暮らし始めてからの苦労とは?

群言堂米2016|稲刈り

9月末のある晴れた日、ついに待ちわびた収穫の時がやってまいりました。

梶山正「京都大原で暮らす」|第一話 ようやく見つけた終の棲家

京都・大原に暮らす写真家・梶山正さんによる新連載がスタートします!

群言堂米2016|もち米が出穂

お盆休みが明けて出社すると、もち米の穂が出ていました!

群言堂米2016|元気です、夏の田んぼ

本社前田んぼの稲は燦々と降り注ぐ太陽の光を浴びて、ぐんぐんと育っています。

家が喜ぶこと|鄙舎

築約270年の茅葺きの家・鄙舎(ひなや)には16年間毎年合宿に来る大学のサークルがあります

*こおか茶寒天みつ豆*拓さんの阿部家レシピ

石見地方で古くから親しまれている野草茶「こぉか茶」。カワラケツメイというマメ科の野草を香ばしく焙煎しています。酷暑は続いておりますが、間もなく処暑となり、稲穂も実り始めて秋の気配を遠くに感じるこの時期。夏バテ対策にもいかがでしょうか。

遊びは大事

ある年の忘年会での一幕。その年還暦を迎えた登美さんがお祝いにもらったものとは―
「三浦編集長」「里山だより」をご購入者全員にお届けいたします
全国の「群言堂」のご案内!
群言堂 Facebook Page
Instagram
群言堂の「今」が満載のメルマガ配信中!